0929
firefilmfire9:

タッパイのあとの…栗のティラミス♥︎ (Cafe Xando)

タッパイじゃなくて、パッタイね!笑恥ずかしい…!誤字、失礼しましたー!

firefilmfire9:

タッパイのあとの…栗のティラミス♥︎ (Cafe Xando)

タッパイじゃなくて、パッタイね!笑
恥ずかしい…!誤字、失礼しましたー!

最近、彼氏ができた。顔は山田孝之、チャン•ドンゴン(ちょっと前に化粧品の「あなたがすきだからあ〜」ってやつではやった韓流スターね笑)に似てる!濃い! 国籍は韓国だけど、アメリカ人とのクオーターだから英語韓国語日本語、3カ国語喋れるよ。
しゃべっているとそれだけでこっちが日本語の勉強になる。英語も韓国語も何と無く覚える。ちなみに最近おぼえたのは、「オソオセヨー(いらっしゃいませー)」韓国のお店にはいったら、連呼されるらしい。

彼のストレートに物事をいったり適当なわたしにも寛容であったりするところは大好き。

生まれ育ったカルチャーが違うからこそ、お互いをすんなり受け入れることができるのかなとか思ってるよ。
あと、お互いマイペース。

ほんとに我ながらわたしは自己表現だったり愛情表現だっり、好きになればなるほどできなくなってしまうめんどくさい人間だけど、今の彼にはすごく素直になれるんだよね!だから、会えば会うほど好きになってしまっている。
弱いとこばっかみせていて、「君は本当シュガーメンタルだね。強くならなきゃ!」って言われる。笑

こんなわたしが恋愛至上主義な日々を送っていて、慣れてなくてすごく不安だけど、なんだかんだ幸せで、コンプレックスだらけの自分を受けいれてくれる人をみつけれたことはとてもうれしいことであります。
まあ、唯一、彼のファッションテイストは本当に受け入れられないけどね!笑

文章

文章かくのが苦手すぎて。話しをするのも苦手すぎて。

コミュニケーションってほんとに人類の永遠の課題だと思うんだ。とくに自分。

でもこれは訓練しかないし、たぶんわたしはひどい気分屋だから

書きたいと思ったときにきちんとした文章を書かかないと一生かかないし、言わなきゃとおもったときにしかいえないからな。

今年の目標としてあげた一つに「コミュニケーションから逃げない」ってのをあげたけど、会話のキャッチボールをする相手だけではなくて、自分自身とのコミュニケーションとかだったりするのが一番できてないのかもしれないな。

「君はなにがやりたいの?」

そればっか聞かれてほんとにうんざり、それにしどろもどろになる自分にもっとうんざり。

わたしはいったいどこへ向かうのでしょう。そしてこの田舎町に埋もれていくのでしょうか。

気づいたら一番したくない生き方をしていることにはっとした。

昔のわたしは「このくそ田舎をでてやる!!!!」の反逆精神で勉強して大学まで行ったのに。

一回でてしまったらそれで満足してLazyに拍車がかかってしまって、上昇志向のかけらもない、くそニート人間になっている。笑

でも、ふと、わたしはこのくそ田舎からでたいと考えてたけど、東京に行きたいと考えたことはなくて。不思議だな。「東京いくくらいなら海外じゃない?」なーんてこれまた生意気なことをほざいていたんだけど、それもなんだかんだ言い訳して夢の留学もできずに、英語のスキルなんてないし。どうしたもんだ。

身動きが取れない、フワフワしてる中途半端な今が人生で一番自分のことが嫌い。大嫌い。希望なんて、くそくらえ、なーんて気分です。

Facebookの

卒業しましたpostがフィードを埋め尽くしてる。

憧れの人はみんな、いつだって自分の将来、進路にわくわくしてる。
なんで、わたしは暗くなっちゃうんだろーな…

SNSばっかりな最近で、人間関係のすべてがSNS上で行われているって知らぬまに思いがちだけど、そんなことないってことわすれちゃだめだ…。
大切なことは直接連絡したりあったりしないといけない。そこらへん今までとっても適当にしてたと思って激しく反省。

リバレイン2Fに3/22までにはいってるMINOTAURに遊びに行ってきました!広くて開放的なので、じっくり洋服がみれて、とってもいい!

リバレイン2Fに3/22までにはいってるMINOTAURに遊びに行ってきました!広くて開放的なので、じっくり洋服がみれて、とってもいい!

私たちは表現するのを恐れすぎてる/アール・ブリュット・ジャポネ展

バス待ちにふらっとはいった熊本市現代美術館。
ここは高校時代から、ずっと好き美術館のひとつ!
素敵なんです。
アートの本が壁いっぱいびっしりならんでて、グランドピアノがあって。

さて、そんな熊本市現代美術館であったアール・ブリュット展なんですが、

フランス語で
アール・ブリュット(Art Brut)=生の芸術

という意味で、英語では、アウトサイダー・アートと訳されるそうです。

生の芸術って名前がどんぴしゃだって鑑賞したあとに感動してしまった。

アートがここまで生活の一部であったたり、作者の一部になっていると感じたのは初めてで、作品からその作者を感じることができたのははじめてのことで。


後で調べたんだけど、アウトサイダー・アートの定義↓(以下Wikipediaより引用)

アウトサイダー・アート(英: outsider art)とは、特に芸術の伝統的な訓練を受けておらず、名声を目指すでもなく、既成の芸術の流派や傾向・モードに一切とらわれることなく自然に表現した作品のことをいう。アウトサイダー・アートを作る芸術家をアウトサイダー・アーティストという。


ほんとに、自然なんだよね、自然だから軸がしっかりして、ひとりひとりの世界観がすさまじいものがある。アートが生活の一部で、コミュニケーションツールであったりするゆえに、作品がダイレクトに様々なひとりひとりの手法で、ストレートに表現されてるから、ほんとにもう、圧巻。
ほんとに、こんなにも恐れずに自分を表現できるって、なんて素敵なんだろう。
ふと、自分は自分を表現したりアピールするのが下手なので、しゅんってなる。
わたしにはこの壁が破れずにずっとずっと、悩んでいるっていうのに…。


あと、わたし、正直、アートには、疎いというか、かっこいいな〜、いいな〜とは思うけど、ここまで夢中でみれた展示は初めてで、アートを生でみる価値がやっと本当に理解できるようになった。
いってよかった。

ちょー文章いみわからんくなった…。

fasting!
お腹すくけど頑張る…!

fasting!
お腹すくけど頑張る…!

昨日から

ぱったりと食欲がない。
この季節、冬終わりから春にかけて、毎年、びっくりするくらいご飯が食べれなくなるんだけど、今年もやってきた。
普段、食べること大好きだから、周りからびっくりされるんだよね笑。

原因はなんとなくわかる。
簡単にいっちゃうと、変化への焦燥感と切なさと、ドキドキ。

こんなにも精神と身体がつながっていると感じることはないのです。